大阪の遺品整理、ごみ屋敷の片づけを業界最安値で!

遺品整理&ごみ屋敷TOPICS

ゴミ屋敷化につながる高齢者の行動特性について

先日、放送されていたテレビ番組「衝撃!ごみ屋敷に住む昭和の大女優片づけ密着スペシャル」、ご覧になった方もいらっしゃると思います。

この番組で、皆さんにも役に立ちそうな情報がありましたのでご紹介しますね。

ごみ屋敷化につながる、高齢者特有の行動

テーブルや棚など、ちょっとモノを置いてたり服などを掛けておくことができる場所があると、「ついつい」モノを収納場所に戻すことをせずに部屋が散乱しはじめます。そして、リビングを寝室にしてしまうことで、人を招き入れる場所に私物が散乱しはじめます。さらに、もったいないため、不要なものも持ち帰ったり捨てることができなかったりする、ということです。

この繰り返しによって、ごみ屋敷が出来上がるようですよ。

たしかに、遺品整理やゴミ屋敷の整理などのお仕事をしていると、ご高齢のお客様がどんどん家に不要なものをため込んでしまっていた様子を日々拝見します。

最近では、「生前整理」として、万が一の時に家族や親類に迷惑をかけることがないように、ご高齢になった方が家や身の回り品の整理をお考えになることもあります。自分が亡くなってしまった時のことや、子供やお孫さんが家に来て楽しい団らんのひと時を過ごすことなど、将来の事を考えての前向きな取り組みで、私もとてもよい事だと思っています。

春、新しい年度のスタートです。
散らかった家をすっきり整理して、気持ちのよい生活をはじめるのもいいですよ。

不用品、ごみ屋敷の整理、生前整理や遺品整理など、沢山のお宅にお邪魔していますので、きっとご満足いただけると思います。お気軽にお問い合わせください。

現在地:トップページ遺品整理の事例紹介